大黒屋の骨董品の出張査定は無料

投稿日 : 12-08-2014 | カテゴリー : 骨董品

骨董品を処分したかったので大黒屋の出張査定に申し込みました。
申し込みはネットから簡単にできます。
ホームページにアクセスして、骨董品の出張査定申し込みフォームに必要事項を入れます。
できる限り、細かく情報を書いた方がいいみたいです。
でも、私の場合は全く骨董品に関する知識がなかったので、そこまで詳しいことは書けませんでした。
それでも写真を添付できるので、知識がなくても問題ないと思います。
査定は無料でお金はかかりません。
これが嬉しいですよね!
出張査定の場合、査定料や出張費を請求するところもありますからね。
友達が昔利用したところは出張費をかなり請求してきたようです。
だから、大黒屋の出張査定はかなり良心的だと思います。
そして、今は連絡を待っている感じです。
どんな流れで進むのかちょっとわかりませんが、評判を見る限りはいいので楽しみです!
初めての出張査定だから、色々気になる事があるし、電話で先に確認しておこうかな。
それなら最初から電話で査定を依頼しろよ!って話だけどw
家の中に入って査定するのかどうかだけでも聞いてみます。

絵画買取で飲み代程度の金を手にしました

投稿日 : 13-05-2013 | カテゴリー : 絵画

いらなくなった絵画が家にある。

しかし、どう処分していいのか困ってしまい、
ずっと家に置いたままになっている方もいると思います。

いらなくなった絵画は、どう処分すればいいのでしょうか?

処分の方法として、一番いいのは、売って金に換えることです。

例えば、ネットオークションに出したり、
絵画の買取店で売却したりする方法があります。

実際に、ネットオークションを利用される方はかなり多いです。

また、絵画の買取店に、いらなくなった物を持ち込んで、
手放す方も多くいます。

そうやって、お金に換えるわけです。

いらない物を処分して金に換える事ができれば、
それはとても有意義な事だと感じませんか?

私はネットオークションの経験はないのですが、
絵画を買取ってもらった経験ならあります。

私がよく利用する駅前の近くに専門店があったので、
そこまで出かけていき、絵画を売ったのです。

売った結果、私は飲み代程度の金を手にしました。

あまり高い値で売る事はできませんでしたが、
特に不満はないですね。

元々、捨てる予定の物でしたので、
少しでも金になったのでよかったです。

茶道具の炉縁を高く買取してもらった

投稿日 : 08-05-2013 | カテゴリー : 茶道具

炉縁はけっこう値段がする物です。

茶道具として購入される方もいますが、
購入する場合、値段が高いため、慎重になるかもしれません。

また、それを売る側も慎重になるでしょう。

できるだけ高く買取って欲しい!

こんな気持ちが自分の中でしだいに、大きくなってしまい、
なかなか行動を起こせないという方もいるでしょう。

私は炉縁を何年か前に、茶道具店で買取してもらった事があります。
売った結果、けっこう金になり、とても喜びました。

また、意外と高く売れる事に私は驚きました。

もし、また売りたい物があった時は、
この店に持って行くと良さそうだなって感じました。

こんな素晴らしい店に出会えた事は、
私にとっては、大変、幸運な事だったと思います。

何かを買取ってもらう場合、
実際に鑑定してもらうまでは、どの程度の値段が付くのかというのは、
素人ではなかなか分かりません。

ですから、売りたい物がある時は、とりあえず、
鑑定してもらうことをお勧めします。

鑑定料金は、どの専門店だろうと、通常は無料です。
ですから、安心して見てもらえます。

また、出張買取での鑑定の場合も、基本無料です。

不要だと感じた骨董を専門店で買取ってもらった

投稿日 : 05-11-2012 | カテゴリー : 骨董品

私の家には、掛軸、茶道具、刀といった骨董が多くあります。
趣味で買い集めているためです。

こういった趣味を持つようになったのは、
30歳を過ぎてからです。

若い頃はこんな趣味を持つなんて、
全く思っていなかったです。

私の主な購入先としては、骨董店です。
時々、訪れては、いい品があれば購入する感じですね。

行く場所としては、新宿や池袋が多いです。
たまに、横浜に行く事もありますね。

骨董の買取をやっているお店に行くと、
何か新しく入荷されている物はないだろうかと、ワクワクしてきます。

もし、あなたが骨董好きなら、きっとこの気持ちを理解できるでしょう。

こんな私ですが、時には、購入した物が不要に思えてしまい、
「買わない方が良かったな・・・」と後悔する事もあります。

そういう場合、私は不要だと感じた骨董を専門店で買取ってもらっています。

ゴミとして廃棄してした場合、大損となりますが、
売れば少しは金が戻ってくるからです。

売りたい物がある時、すぐに売れる骨董店は、
かなり便利に感じます。

これからも、たびたびお世話になるような気がします。

押し入れの中で見つけた茶道具を買取してもらった

投稿日 : 09-08-2012 | カテゴリー : 茶道具

古くて歴史のある茶道具は、私達の想像を超える値段で、
取引されています。

百万や一千万という単位で取引されているらしいですね。

ベンツ一台に匹敵するような物が、茶道具の中にはあるというのは、
とても驚きですよね。

私はとてもじゃないですが、ついていけない世界ですね。

しかし、もし、名器の茶道具を持っているなら、
それを買取してもらえれば、スゴイ大金を手にできるチャンスがあります。

私は、自分の家に、そんな名器があればいいなって、
思った事があります。

そして、何かないのか探してみた事があります。
探してみた結果、家の押入れの中に、古い茶道具を見つけたのです。

これはもしかしたら、お宝なのかもしれないと、
ちょっと期待しました。

私は上がってくるテンションを抑えきれず、
とりあえず、近所にある茶道具の買取店に行ってみました。

店に入り、私は店員を探して、鑑定依頼をお願いしました。

百万以上の価格が付くことはなくても、
ちょっとは金になるだろうと思っていました。

鑑定結果は、数千円という結果でした。
私はまあこんな物だろうと思いました。

ちょっとは金になったので、私はそれで十分、満足でした。

骨董品の松平家の断簡、消息の掛軸を高価買取

投稿日 : 27-06-2012 | カテゴリー : 掛軸

昔の手紙を貼りつけた掛軸があります。
昨日、骨董の買取専門業者に査定をお願いして買取して頂きました。
骨董の掛軸は江戸時代の殿様の書です。
手紙のようなものを貼りつけた掛軸ですが読み取ることはできません。

母から頼まれて江戸時代の骨董の掛軸を買取専門店で売却することにしました。
母はこの掛軸を実家から貰ったようです。
母の実家は、むかし米問屋をやっていたそうで立派な大きい家に住んでいました。
そこで大切にしていた掛軸だそうです。
私も小さい時に「我が家の家宝はお前のお母さんに渡すからね」とお爺ちゃんに言われたことがあります。
その家宝の掛軸を売却してほしいと母から頼まれまれ、インターネットで探して買取専門業者に買取りをお願いしました。

専門業者の見立ては、この掛軸は手紙を切り取ったもので専門用語で「消息」と言うそうです。
手紙を切り取ったものを「断簡」と言い、この掛軸の断簡は江戸時代の松平家の物だそうです。
もともと手紙自体に骨董としての価値があり、そこに掛軸としての価値と、由緒ある旗本の殿さまの物であれば高額の買取対象だそうです。
もちろん骨董品の松平家の断簡、消息の掛軸を高価買取して頂きました。

母は買取してもらった代金を実家の曾祖父の七十回忌の法要に使うつもりだそうです。

古書の買取であなたも現金を手にしよう

投稿日 : 23-05-2012 | カテゴリー : 古書

新しい本が欲しいけれど、金がないので買う事ができない。
こんな時、あなたはどうしますか?

諦めますか?
金が溜まるのを待ちますか?

私だったら、要らなくなった本を売って、金を得ます。
そして、その金が新しく本を買うだろうと思います。

もし、要らなくなった本の中に、古書があるなら、
それはビッグチャンスかもしれません。

なぜなら、古書は物によっては、
大金をあなたにもたらす可能性があるからです。

なぜ、大金になる可能性があるのでしょうか?

それは希少性があるからです。
希少性が高いものほど、価値は高く、値段も高くなりやすいです。

ですから、古書を持っていて、要らないものなら、
さっさと売ってしまい、金に買えてしまうのが得策です。

想像してみてください。

もし古本を売って、あなたの手元に現金一万円が転がり込んできたら、
あなたはどうしますか?

彼女や彼氏に何かプレゼントでも買って贈りますか?
それとも、友達と飲みにでもいきますか?

考えてみるとワクワクしてきませんか?

私は古書を売って得た金で、ゲームソフトを買った事があります。
あなたも、何か売ってみてはいかがでしょうか?

掛軸の買取場所って?

投稿日 : 20-04-2012 | カテゴリー : 掛軸

家には何個か掛軸が物置で眠っています。

この家を建てる時に父が祖父から貰った物や知り合いから貰った物
貰ってから一度も使わずにしまっておいたのです。

母親がもう使わないし捨ててしまおうかと言ってたのですが
ただ捨てるだけでは勿体ないので売ってみようってことになったのです。

どれくらいの価値があるのかはわかりませんが
祖父から貰ったのは当時で数十万はしたと言うのでもしかしたら価値が
あるのかもしれません。

しかし掛軸の買取場所ってどこでしてくれるのでしょう・・?
近くのリサイクルショップに持って行ったら買取不可。
質屋に持って行っても買取してもらえませんでした。

困ってたとき母親の友人の友人が古美術商を営んでるということを聞き
早速鑑定しに行ってきたのです。

僕たちには掛軸の価値など全くわかりませんが
見る人にはわかるに違いない!
期待と不安でいっぱいになりながら鑑定結果を待っていました。

すると3万円で買取になったのです。
ん~これはさすがに微妙な金額ですが買取不可と言われて来たので
買取って貰えるだけでも有難いことですね。

家に帰って少し掛軸の買取価格を調べてみましたが
高い物はとてつもない金額で取引をされるみたいですね。

我が家の掛軸は大した物ではなかったみたいです・・。

茶さじを茶道具買取店で売って現金ゲット

投稿日 : 19-03-2012 | カテゴリー : 茶道具

茶道具として使う茶さじをいくつか持っていたのですが、
使っていない物がけっこうあったので、
買取してもらおうと決めた事がありました。

つかない物を処分すれば、それだけ整理できて、
すっきりする思ったのです。

また、少しは金もゲットできます。
ゲットした金は、欲しい茶道具の購入費用に充てようと考えました。

私はさっそく茶道具の買取を依頼するお店探しをしました。

インターネット上には、茶道具専門店が多く、
私は探すのに、けっこう手間が掛かりました。

なぜ、手間が掛かったのかというと、近所にお店がなかったからです。
私は結局、出張買取してもらう事にしました。

出張の場合、無料で自宅まで鑑定しに来て貰えます。
これは、非常に便利です。

もし、相手の提示する評価額に納得行かない場合は、
遠慮なく、お断りしてもいいのです。

そのため、とりあえず鑑定してもらい、
それから、どうしようか決めようと思ったのです。

出張として、スタッフの方が私の家にやってきたのですが、
査定はあっという間でした。

なんでこんなに早く鑑定できるのだろうかと、驚くほどでした。
評価額はまあまあでしたので、私は現金と引き換えに売りました。

「萩の七化け」 萩焼の陶器は高額の買取

投稿日 : 27-02-2012 | カテゴリー : 陶器

父の物を整理していたら骨董の「萩焼」茶碗が出てきました。
父は山口県の萩出身が自慢でした。
わたしも小さい頃は茶碗の手入れを手伝わされていました。
他の茶碗とは違い手入れも面倒だったような気がします。
記念としていつまでも手元に置いておきたいのですが、
萩焼は使わず持っていてもカビが生えたりするので売却することにします。

茶碗は柔らかい色合いの茶碗と、しぶい色合いの茶碗の2個があります。
同じ時期のものを片方だけしか使っていなかったのでしょう。
使い込むと味わいが出てくる「萩の七化け」が分かるようです。

柔らかい色合いで手になじむ萩焼の茶碗は陶器の中でもめずらしいものです。
使い始めは水漏れし、使っていると変色、使わずにいるとカビてくる。
それがなぜ「一楽 二萩 三唐津」と言われるのか、
触ってみないと分からないですよね。

父が育てた萩焼の陶器は買取専門業者の方が買取っ下さることになりました。
箱と一緒に引き取ってくれましたのですぐに査定も終わりました。
買取専門業者の方からは、ひとつは粉引茶碗で、もうひとつが剛毛目茶碗というものだと教えてもらいました。
それぞれに高額の買取をしてもらい、陶器の保存の難しさを多少経験しているものとしてはホッとした気持ちでいます。